菊芋を食べて血糖値を下げる!菊芋レシピをご紹介!

健康野菜として大変有名な菊芋。イヌリンと呼ばれる成分を豊富に含んでおり、実は芋のような形状をしています。

菊芋甘辛揚げ

イヌリンには血糖値を下げてくれる効果があり、毎日摂取することで血糖値を低下させたり、血糖値が急激に上昇するのを抑えてくれます。

 

イヌリンはごぼうやタマネギなどの一般的な野菜に含まれていますが、菊芋はその中でも特にイヌリンの含有量が豊富。芋のような実ですがデンプンは含まれておらず、消化器官に入っても人間の分解酵素では分解されません。

 

腸まで届き、そこでゲル状になって外へと排出されます。つまりイヌリンは、糖尿病など血糖値にかかわる疾患を予防したい方に大変おすすめの食材なのです。

 

菊芋の調理方法

菊芋は生のままでも食べることができますが、せっかくですから美味しく調理して食べるようにしたいですね。菊芋の食べ方としては、芋らしく煮物で食べるのがおすすめです。

 

【菊芋の煮物レシピ】

菊芋の煮物

一口大程度の大きさに菊芋をカットし、ニンジンやレンコン、インゲンなどと一緒にニンニクを使って炒めます。

 

ショウガを入れると血行を促進する効果がプラスされ、さらにグッド。筑前煮や煮っ転がしなどと同じく、しっかり煮てあげることで、タレがしみ込んで適度な味わいに仕上がります。

 

菊芋には甘みがあるので、砂糖はあえて少量にし、大量に追加する必要はありません。

 

【菊芋のきんぴら】

菊芋のきんぴら

菊芋を洗って皮をむき、細い短冊切りにしてごぼうやニンジンと炒めます。

 

イヌリンが豊富に含まれている菊芋とごぼうのコンビは、食物繊維をお腹にたっぷり摂り入れられる理想的な組み合わせ。野菜が柔らかくなったら、少量の砂糖と醤油で味付けして出来上がり、ゴマを最後に降りかけても良いでしょう。

 

その他の菊芋レシピはこちら

 

菊芋を調理する際の注意事項

菊芋は鮮度を保つため&イヌリンを芋の中に閉じ込めておく関係で、家で保存する時は土を付けた状態のまま袋に入れ、冷蔵で保存します。長期的に保存する場合は、土の中に埋めておくのが良いとされます。

菊芋の保存方法

イヌリンは土を洗い落とした時からどんどん減っていくので、必ず調理の前に芋の土を洗い落とすようにしてください。また、菊芋の中に含まれるイヌリンは水溶性です。

 

水に簡単に溶けてしまうので、調理の仕方や食べ方によってはイヌリンが満足に摂取できない場合も、煮物やスープを作った時は、汁ごと飲むようにしましょう。

 

調理が難しい、口に合わない場合

菊芋の調理方法はそれほど難しくはありませんが、そもそも味が口に合わない場合はサプリメントを活用しましょう。「前田の菊芋」は良質な菊芋をふんだんに使った、こだわりのサプリメント。食事から菊芋を摂るよりも効率的です!

前田の菊芋

菊芋はもともとカナダを原産とする植物ですが、前田の菊芋はその原産地と同じ緯度のドイツで栽培・収穫しています。丁寧な栽培とこだわりによって、高い栄養価を維持しています。

 

そのままの菊芋は食材を調理しなければ食べられませんが、前田の菊芋は錠剤タイプなので必要な時にイヌリンを手軽に補えます。

 

食事と一緒に飲んでもよし、外出先などに持ち込んでもOK。何かと偏りやすい時にも大変役立ってくれるサプリです。

 

前田の菊芋には錠剤タイプのほか、誰でも口にできる顆粒タイプも扱っています。人間用の顆粒タイプとペットフードに混ぜて使うタイプがあり、愛犬や愛猫への糖尿対策にもオススメ。

 

動物も大切な家族の一員ですから、ぜひ前田の菊芋で健康な生活をプラスしてはいかがでしょうか。

 

前田の菊芋詳細