異常な食後の眠気は糖尿病のサイン?

私たちは一日に少なくとも一食は何らかの食べ物や飲み物を口にしています。

 

満腹になり、エネルギーをたっぷりと得て、いざ仕事に取り掛かろうと思ったら強烈な眠気が。ダメだと分かっていてもつい昼寝やうたた寝をしてしまった…そんな経験はありませんか?

食後の眠気

眠気を適度に我慢して作業に取り掛かれる人もいますが、強烈な眠気が襲ってくると自分ではどうしようもありません。ガムを噛むなどして対処しても、なかなか睡眠欲求をコントロールすることはできないものです。

 

この厄介な眠気の原因は、一体どこにあるのでしょうか。

 

食後の眠気の原因

食後になって眠気に襲われるのは、消化吸収のために血液が内蔵の方に集中し、逆に脳に血流が流れにくくなるためと言われていますが、もう一つ重要なポイントが「低血糖」。

 

食事で血糖値が急上昇し、糖分を分解するためのインスリンが分泌され、低血糖状態に陥る状態のことです。

 

眠気は、単に睡眠不足を表しているとは限らず、血流や循環に関して何らかのサインを示している場合があります。低血糖状態になると、始めのうちは強い眠気が襲いますが、さらに低血糖が進むと意識が混濁することもあります。

低血糖眠気

米やパンなどの炭水化物には必ず糖が含まれていますが、この糖が体内に入ると消化されてブドウ糖に変化します。ここで、ブドウ糖をエネルギー源として細胞に取り込むためにインスリンというホルモンが分泌されますが、インスリンの分泌量が異常に多くなると、血糖値を下げすぎて低血糖状態を引き起こします。

 

簡単に言えば、食事をしてもインスリンの分泌量を適度にコントロールする(あるいは出しすぎないようにする)ことができれば、低血糖になることもなく、異常な眠気にも悩まされずに済みます。

 

糖質の吸収を防ぐ方法

インスリンの分泌を抑えるためには、糖の摂取量を抑えるのが一番手軽な方法。炭水化物だけの食事は止め、野菜など他の栄養素も適度に摂取しましょう。朝食や昼食の定番である米・パン・麺などは栄養素のほとんどが糖質なので、血糖値を急上昇させる原因になります。

野菜

特に砂糖については、清涼飲料水やアイスクリームなどに多量に含まれており、ドカ食いや一気飲みをすると大量の糖分が取り込まれてしまいます。そのぶんインスリンの分泌量も多くなりますから、低血糖症を避けるためには、まず砂糖を使った食品をできるだけ控えましょう。

 

食後の眠気以外にも、だるさやイライラ感などの不調を感じる時は、2週間程度糖質制限を行いましょう。炭水化物を極力少なくし、野菜中心の生活に変えます。また、糖分の消化吸収を抑えてくれる「イヌリン」を豊富に含む食材も、糖質制限中の強い味方です。

 

イヌリンを含む食材には、ごぼうや菊芋があります。そのうち菊芋はイヌリンの含有量が多く、サプリメント(前田の菊芋)として製品化もされています。

 

前田の菊芋は菊芋イヌリンを豊富に含む健康食品。

 

糖分の吸収を抑えてあげるだけでも、膵臓にかかる負担がぐっと軽くなり、低血糖症を予防することが可能に。食生活が乱れがちな時にも、前田の菊芋が健康をサポートしてくれますよ。

 

前田の菊芋詳細