糖尿病患者は傷をつくらないように!感染症のリスクも?

合併症のリスク

日本人の罹患率の高さが深刻化している「糖尿病」。糖尿病は、ただ尿に糖分が混ざったり、血液がドロドロになるだけでは済まされない病気です。

 

本当の糖尿病の恐ろしさは、合併症にあります。合併症とはその名の通り、何らかの症状を起こしたときに一緒に併発する病気のこと。糖尿病は体の循環に欠かせない血液の病気なので、さまざまな合併症が裏に隠されています。

 

もっともよく知られる合併症は心筋梗塞脳梗塞です。しかし実はもっと身近なところに、恐ろしい合併症が隠れているのです。

 

糖尿病と感染症

糖尿病と診断されてしまったら、まず誰もが食事に留意すると思います。しかし食事だけではなく、自分の体を見渡してみて、小さな傷ができていないかチェックしなければなりません。特に足元については、血糖値が高い状態が続くと細菌による感染症のリスクがあります。

糖尿・合併症

たとえば足元に小さな傷が出来ていて、それをケアすることなく放っておいたら、そこから何らかの感染症にかかる可能性があります。糖尿の方は抵抗力が落ちるため、細菌が簡単に増殖し、免疫系統が十分に機能しないまま重傷化する可能性があります。

足

糖尿病になると、すぐに食事制限をしても血液がきれいになるわけではありません。だんだんと元の健康な体に改善することはできますが、その間は皮膚に関する病気に注意が必要です。研究によれば、糖尿病を患う方の約3割皮膚病にかかったことがあるという結果も報告されています。

 

血流障害には要注意

糖尿病にかかると、痛みを感じにくくなる神経障害が出る場合があります。神経障害を患うと、ちょっとした切り傷や皮膚病では痛みや痒みを感じにくくなり、ケガをした時は通常より痛みを感じにくくなっています。血流障害を放置したままでいると、足に血液が行き渡りにくくなって、本来行き届くはずの酸素や栄養分が届かなくなります。こうなると傷が化膿しやすい状態のまま、壊死などの症状につながる可能性も。

血流障害

糖尿病に罹患したあとは、一定の感覚で必ず病院を受診し、まめに健康チェックを行うようにしましょう。皮膚病には十分に注意し、水虫なども含め足元は特に清潔に保つようにします。傷が治りにくい場合は定期的に医師に相談を。放置したままにせず、きちんとケアすることが大切です。

 

菊芋のパワーで糖尿を改善

足元をケアしても、糖尿病そのものを治そうとしなければ症状はさらに進行していきます。血液は体全体の循環に関わるものですから、皮膚病の予防とあわせて毎日の食生活を改善することが急務になります。

 

すでに糖尿を患っている方を含め、予備軍や発症前の方など誰もが摂取できる食材が「菊芋」です。菊芋は糖尿病の予防と改善に効果があるとされ、体内で糖の吸収を抑え、血糖値を低下させる力があります。菊芋の中にはイヌリンという多糖類の一種が含まれており、この成分が糖尿に効果をもたらします。

菊芋パワー

おすすめは、「前田の菊芋」というサプリメント。調理の難しい菊芋をサプリメントに凝縮したもので、無理なく毎日の習慣としてイヌリンを取り入れられる製品です。前田の菊芋があれば、どこでもイヌリンを摂取できるので、血糖値の急上昇を抑える自発的なケアと腸内環境の改善が可能に。薬ではないので、お子さんから大人まで誰もが摂取できるのも、前田の菊芋ならではの魅力です。

 

菊芋イヌリンは天然の成分なので、薬のようにいきなり血流障害を改善することはできません。しかし継続して摂取することで、着実に血糖値の数値を下げ、糖質制限など難しい食事制限もクリアしやすくなります。

 

前田の菊芋詳細