糖尿病性網膜症の症状・予防方法を覚えておこう!

糖尿病とは、インスリンというホルモンの機能が低下することで、体内に取り込まれた栄養を上手に処理できず、血糖中のブドウ糖(血糖)が増え過ぎる状態を言います。

 

糖尿病の症状

 

厚生労働省の調べるによると、国内の糖尿病患者の数は、およそ900万人以上で、予備軍を考えるとその後も数は増え続けると指摘されています。

 

しかし、早期発見早期治療で、症状の悪化や合併症の発症を防ぐ事も十分可能です。

 

さらに、糖尿病予防に効果があるとして注目される菊芋イヌリンを使った「前田の菊芋」サプリは、糖尿病のさまざまな症状に大変効果が高く、テレビためしてガッテンでも紹介されるほどです。

 

>>前田の菊芋は糖尿病予防・改善におすすめ!

 

糖尿病に効くサプリ

 

話題の腸活成分も含まれ、天然のインスリンと呼ばれるイヌリンを粉末にしているので、副作用の心配も一切ありません。

 

糖尿病の初期症状といわれる、喉の渇きや食後の眠気、頻尿や尿の泡立ち、などが気になる方は、「前田の菊芋」サプリを活用してみるといいでしょう。

 

糖尿病にはさまざまな症状が合併症がありますが、今回は、糖尿病性網膜症について詳しく説明します。

 

糖尿病性網膜症とは

糖尿病性網膜症とは、糖尿病の合併症で発生する目の病気です。

目のかすみ

通常、網膜は、眼球を形作る硝子体の3分の2ほどを覆う薄い膜状の組織で、光を感じ、視覚情報として変化する働きがあります。

目の仕組み

網膜には動・静脈血管や光、色を感じる神経細胞が存在します。網膜の血管はとても細く繊細なため、血糖中のブドウ糖が増え、高血糖になるとダメージを受け、やがて変形し、出血します。

 

この状態が、糖尿病性網膜症です。

 

糖尿病性網膜症の症状

糖尿病性網膜症の初期段階での自覚症状は、ほとんどありません。

 

糖尿病を発症してから数年から10年くらい経過後、糖尿病性網膜症を発症するのが一般的ですが、発症後もすぐに症状が現れないのが特徴です。

 

そのため、自覚症状を感じたときには、すでに症状がかなり進行した状態であると言われています。

 

代表的な症状としては、飛蚊症があります。

飛蚊症

これは、視野の中に煙のようなモヤモヤや、蚊が目の前を飛んでいるかのような症状が見える状態をいいます。また網膜で出血すると、視野に黒い絵の具がこぼれたようなものが見える事もあります。

 

そのほかにも、黄班という部分に病変が広がると突然の視力低下をもたらし、症状が進むと網膜はく離などの危険性もあります。

 

糖尿病性網膜症を予防するには

糖尿病性網膜症(目のかすみ・視力低下・失明)を予防するためには、糖尿病そのものの予防が必要です。糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの不足です。

 

インスリンとは、食事から得たブドウ糖を処理する際にとても重要なホルモンですが、暴飲暴食、食生活の乱れ、運動不足などあらゆる生活習慣が原因で減少します。

 

不足するインスリンを補う事ができるのが今話題の「前田の菊芋」サプリです。

 

オアシス菊芋サプリ

 

「前田の菊芋」には、天然のインスリンと呼ばれるイヌリンが高濃度で配合されています。イヌリンとは、キク科の植物から抽出したエキスで、人間のすい臓から分泌されるインスリンに変わって作用します。

 

「前田の菊芋」サプリに使用されるイヌリンは、キク科の中でも含有量が最も多い菊芋イヌリンなので、手軽にかつ効率よく糖尿病対策が実行できます。

 

また、植物から抽出した成分なので、副作用の危険性もほとんどありません。

 

糖尿病予防やすでに糖尿病と診断された方の数値コントロールにも活用可能で、糖尿病性網膜症等の合併症対策にも最適です。実際に利用している方も多く、糖尿病専門の医師も「前田の菊芋」を推奨していますので、安心してご利用できますよ。

 

ご家族に糖尿病患者がいる、最近生活習慣が乱れている、糖尿病の初期段階と思われるHbAlcの数値が高い、喉の乾きや尿の異常が気になる、話題の腸活成分が気になるなどの方は、一度お試しください。

 

前田の菊芋詳細

関連ページ

糖尿病性腎症(尿に蛋白・高血圧・腎不全)
糖尿病からくる腎不全も合併症の一つです。糖尿病性腎症は三大合併症とも呼ばれています。腎臓が機能しなくなると様々な健康被害を受けることにも繋がります。未然に予防する習慣をつけることが大切です。
動脈硬化(末梢動脈疾患・脳卒中・心筋梗塞)
糖尿病と深い関係にある動脈硬化は、糖尿病と同様、進行するまで自覚症状が確認しずらいのが特徴です。糖尿病患者の場合、動脈硬化を進行させやすい状況なので、十分な注意が必要です。
糖尿病性神経障害(手足のしびれ・足の潰瘍、壊死)
糖尿病性神経障害とは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、とならび糖尿病3大合併症と呼ばれる症状の一つです。頻度が高く、症状が早期に現れるのが特徴です。