糖尿病性腎症を未然に防ぐために前田の菊芋の習慣化

「前田の菊芋」って知っていますか?良質な菊芋イヌリンが手軽に摂取できると話題の成分が主成分のサプリメントです。

 

前田の菊芋サプリメント

 

「ためしてガッテン」でイヌリンが紹介され、話題になった腸活成分でもおなじみですよね。そのイヌリンが前田の菊芋には、なんと68%も含まれ、糖尿病対策サプリメントとしても注目されています。

 

>>前田の菊芋の効果

 

現在、国内の糖尿病患者は、予備軍と呼ばれる方を含めるとなんと900万人以上も存在するといわれています。さらに、食生活の欧米化、車社会などの影響を受け、ますます患者数が増えると予想されています。

 

健康診断で、HbAlcの数値が6.5以上あった、最近やたらとのどが渇く、食後にすごい眠気がある、尿の回数が多い、尿が泡立つ、そういえば、傷が治りにくい、すぐに化膿する、糖尿病家系だ、などが心配な方は、できるだけ早くに「前田の菊芋」サプリで上手に糖尿病対策を行なうといいでしょう。

 

糖尿病で怖いのは、合併症です。

 

>>糖尿病からくる合併症の症状まとめ

 

代表的な合併症に、神経障害、網膜症がありますが、それよりも怖いのは腎臓の機能が低下する糖尿病性腎症です。

 

ここでは、3大合併症の一つ「糖尿病性腎症」について詳しく説明します。

 

糖尿病性腎症(尿に蛋白・高血圧・腎不全)について

腎臓は、体の中で不要になった老廃物を含む血液をろかし、尿として体外に排出。その後、綺麗になった血液を体内に再び戻す、という重要な役割を担っています。

 

腎臓

 

血液をろ過する場所、は腎臓の中の血管の塊で出来ている「糸球体」と呼ばれる場所です。

 

糸球体は、高血糖(血液の中に血糖が蓄積された状態)が長時間続くと、血管障害や膜が破壊され、ろ過機能に悪い影響を与えます。血液中の老廃物をろ過できない状況を、糖尿病性腎症といい、さまざまなトラブルが発生します。

 

糖尿病性腎症の症状について

ろ過

糖尿病性腎症は、症状が出にくく、自覚症状を感じたときには、すでにかなり進行していると思われます。

 

血液をろ過する糸球体が破壊されると、最初のうちは、尿が少しずつでますが、腎不全になるので、尿が作れず、老廃物が体内に蓄積されます。

 

老廃物が体内に蓄積されると全身のむくみが現れます。その間も少しずつですが、尿が出ますが、尿に蛋白(微量のアルブミン)が含まれているのが特徴です。

 

この段階を早期腎症といい、「前田の菊芋」サプリなどを上手に取り入れたり、適切な治療を行なうこで、尿の蛋白を調整できます。

 

ただ症状が悪化すると、尿の蛋白が増加し、高血圧となり、血圧をコントロールするのも難しくなります。

 

高血圧は、血管に大きなダメージを与えるため、さらに腎臓の機能を悪くするという悪循環に陥ります。

 

糖尿病性腎症を早期に治療するには

自覚症状がほとんどないといわれる糖尿病性腎症を早期に発見するには、残念ながら定期的に病院で尿検査を受けるほかありません。

 

初期の段階では、ほとんど無自覚で、「なんとなく体調が悪い」と感じたときには、ステージ3の段階に入っているといっても過言ではありません。

 

糖尿病性腎症が悪化し、慢性腎不全になってしまうと、透析治療等人工透析での治療が必要不可欠です。この治療は、1日に2回、週に何度も通院する必要があるため、仕事はおろか日常生活への負担も深刻です。

 

透析治療を受ける患者の数は、年々増加し、深刻な状況です。

 

糖尿病性腎症を悪化させないためにも、自覚症状を感じるその前に、尿の蛋白異常や高血圧などの症状にいち早く気づき対処しなければいけません。

 

ただ、現在では、「前田の菊芋」サプリのように、日ごろから糖尿病ケアが手軽にできる優れたサプリメントも誕生していますので、定期健診に加え、「前田の菊芋」サプリの菊芋イヌリンで上手に糖尿病性腎症などの合併症対策を行なうといいでしょう。

 

定期健診の数値が気になる、糖尿病予備軍と言われた、外食や暴飲暴食、生活習慣の乱れが気になる方は、今すぐ糖尿病ケアに人気の「前田の菊芋」サプリを入手してください。

 

前田の菊芋詳細

関連ページ

糖尿病性網膜症(目のかすみ・視力低下・失明)
糖尿病を発症すると目の病気になりやすくなります。それは合併症の「糖尿病性網膜症」です。症状や予防方法などを解説しています。
動脈硬化(末梢動脈疾患・脳卒中・心筋梗塞)
糖尿病と深い関係にある動脈硬化は、糖尿病と同様、進行するまで自覚症状が確認しずらいのが特徴です。糖尿病患者の場合、動脈硬化を進行させやすい状況なので、十分な注意が必要です。
糖尿病性神経障害(手足のしびれ・足の潰瘍、壊死)
糖尿病性神経障害とは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、とならび糖尿病3大合併症と呼ばれる症状の一つです。頻度が高く、症状が早期に現れるのが特徴です。