糖尿病からくる動脈硬化も前田の菊芋で改善できる?

糖尿病と深い関係にある動脈硬化は、糖尿病と同様、進行するまで自覚症状が確認しずらいのが特徴です。

 

糖尿病患者の場合、動脈硬化を進行させやすい状況なので、十分な注意が必要です。

 

動脈硬化

 

糖尿病予防に最適な天然のインスリンと呼ばれるイヌリンを豊富に含有する菊芋イヌリンの「前田の菊芋」サプリなら、糖尿病ケアだけでなく、動脈硬化に対する効果も高く、糖尿病患者、または、糖尿病専門の医師からも評価されています。

 

植物由来のサプリメントで副作用がほとんどないので、病院の治療と併用する事も可能です。

 

NHKの「ためしてガッテン」で紹介された腸活成分としても人気なので、動脈硬化が気になる方は、一度試してみるといいでしょう。

 

ここでは、動脈硬化の症状や予防法をさらに詳しくまとめていますので参考にしてください。

 

動脈硬化ってどんな状態のこと?

動脈とは心臓から出て行く血管で、新鮮な血液に栄養と酸素をのせて運びます。

 

心臓からグッと押し出される血液は勢いが強いため、その流れに耐えるため、健康な動脈の血管壁はとても頑丈です。

 

しかし、加齢とともに弾力が失われ、次第に硬化してきます。

 

それに加え、生活習慣の乱れ、ストレス、食生活の乱れなどが原因で、血管壁にコレステロールや中性脂肪が沈着すると、さらに血管壁の硬化が進み、弾力が完全に失われます。

 

コレステロール

 

この状態を動脈硬化といい、抹消動脈疾患や脳卒中、心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こすのです。

 

糖尿病患者の場合、血糖の処理がスムーズに出来ないため、高血圧や高脂血症(脂質異常症。血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多くなりすぎる病気)を併発していることが多いため、動脈硬化を進行させやすく、特に注意が必要です。

 

普段の生活でできる動脈硬化ケアについて

静かに進行することで「沈黙の殺人者」と呼ばれることもある動脈硬化は、自覚症状が出たらすでに症状は深刻です。

 

加齢とともに誰にでも進行すると予想されるので、普段からの予防は重要不可欠です。

 

そこでおススメしたいのが、糖尿病ケアで今注目を集める菊芋イヌリンを豊富に含有する「前田の菊芋」です。

 

菊芋サプリ

 

「前田の菊芋」に含まれるイヌリンは、血糖値の上昇を抑制したり、中性脂肪のコントロール、高血圧や高脂血症等のケアにも最適です

 

また、菊芋はキク科の植物なので、でんぷんを含まず、低カロリーで、糖尿病などの食事療法中の方でも安心して利用できます。

 

菊芋イヌリンは、腸内の善玉菌のえさになるので、腸内環境を正常に整える作用にも優れ、便秘解消による肥満予防、メタボリックシンドローム対策も期待できます。

 

イヌリン大好き

 

生活習慣病がケアできれば、中性脂肪やコレステロールによる血管壁のダメージを軽減し、血管壁の硬化を抑制することにも繋がります。

 

「前田の菊芋」サプリ以外で気をつけることは、血管壁硬化の原因となる動物性脂肪の取りすぎに注意をしたり、逆に中性脂肪やコレステロール値を下げる作用に優れた野菜、食物繊維を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

さらに、塩分の取りすぎは、高血圧による血管への負担を大きくするので、1日6g未満を目標に食事の見直しを行ないましょう。

 

そして肥満、中性脂肪の蓄積を予防し、血糖値の低下を促すためにも、適度な運動は必要不可欠です。

 

適度な運動

 

「前田の菊芋」サプリで、手軽に天然のインスリン菊芋イヌリンを摂取しつつ、これらの生活習慣に気をつけるだけで、糖尿病や動脈硬化を未然に防ぎ、それに伴う合併症等の発症リスクを軽減する事が出来ます。

 

そのためにも、こまめな定期健診を受ける、糖尿病の兆候、予備軍に見られる HbAlc数値が高い、のどが乾く、食後の眠気や尿の回数・尿が泡立つ等の異常、傷が治りにくい・化膿しやすい等の症状を見過ごさず、速やかに詳しい検査を受け、早急に対処するようにしてください。

 

前田の菊芋詳細

関連ページ

糖尿病性網膜症(目のかすみ・視力低下・失明)
糖尿病を発症すると目の病気になりやすくなります。それは合併症の「糖尿病性網膜症」です。症状や予防方法などを解説しています。
糖尿病性腎症(尿に蛋白・高血圧・腎不全)
糖尿病からくる腎不全も合併症の一つです。糖尿病性腎症は三大合併症とも呼ばれています。腎臓が機能しなくなると様々な健康被害を受けることにも繋がります。未然に予防する習慣をつけることが大切です。
糖尿病性神経障害(手足のしびれ・足の潰瘍、壊死)
糖尿病性神経障害とは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、とならび糖尿病3大合併症と呼ばれる症状の一つです。頻度が高く、症状が早期に現れるのが特徴です。