前田の菊芋で糖尿病性神経障害を未然に予防する!

糖尿病性神経障害とは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、とならび糖尿病3大合併症と呼ばれる症状の一つです。

 

糖尿病性神経障害症状

 

頻度が高く、症状が早期に現れるのが特徴です。

 

手足の先に痛みやしびれといった症状が現れ、気づかない間に抹消神経が阻害され、足の潰瘍や壊死なども見られます。

 

症状が悪化すると、手の施しようがないこともありますので、早期対策が必要です。

 

糖尿病からくる合併症は糖尿病を未然に予防するのが一番です。糖尿病になる前から前田の菊芋などの天然のインスリンを服用していればそのリスクを軽減できます。

 

>>天然のインスリンと呼ばれる前田の菊芋の効果

 

糖尿病性神経障害について

糖尿病性神経障害がなぜ、発生するのかまだはっきりと解明されていません。

 

ただ、高血糖の状態が長時間続くことで、ソビビトールと言う物質が神経細胞に蓄積することで、異常が発生するのではないかとも言われています。

 

さらに、高血糖になると血液の流れが悪く、毛細血管を詰まらせ、十分な酸素や栄養を届ける事ができなくなるのが原因だとも指摘されています。

 

主な症状は、手足のしびれ、ピリピリやジンジンといった痛みなどで、左右対称に現れます。

 

壊疽

症状が進行すると、次第に神経の働きが失われ感覚がなくなります。

 

手足の感覚がなくなると、傷を作っても気づきにくく、細菌感染による壊死などで、切断を余儀なくされる危険性も高まります。

 

糖尿病性神経障害の症状について

糖尿病性神経障害の症状は、多発性神経障害と自律神経障害、単一神経障害の3つに分類されます。

 

例えば、神経細胞内にソルビトールという物質が蓄積し、発症する多発性神経障害では、知覚、運動神経にさまざまな症状が現れます。

 

しびれや冷感、神経痛や感覚麻痺、こむら返りなどがあります。

 

糖尿病合併症

 

多発性神経障害と同様の原因で発症する自律神経障害には、発汗異常、立ちくらみ、便秘、下痢、胆嚢収縮低下、尿意を感じない、ED勃起障害などが確認できます。

 

細かい血管のつまりが原因で発症する単一性神経障害は、顔面麻痺、外眼筋、聴神経の麻痺、四肢の神経障害などがあります。

 

予防、改善にはどうしたらいいの?

糖尿病性神経障害を予防するには、定期的な健康診断がもっともおススメですが、その他、糖尿病ケアに人気の菊芋イヌリンを使ったサプリメントの活用もおススメです。

 

菊芋イヌリンとは、「ためしてガッテン」や雑誌などでで紹介されてから一躍有名になった腸活成分で、糖尿病ケアに大変高い効果があると実証されている成分です。

 

菊芋イヌリン

 

キク科の植物に多く含まれ、水溶性の食物繊維なので、血糖値のコントロールに最適です。

 

中でも菊芋のイヌリン含有量が他のキク科の植物に比べても圧倒的に高く、効率よくイヌリンを補う事ができるのが特徴です。

 

そして、その菊芋イヌリンさらに手軽に摂取できるのが「前田の菊芋」サプリです。

 

前田の菊芋サプリ

 

イヌリンは、菊芋をそのまま摂取しても、なかなか上手に取り入れる事が出来ないため、現在「前田の菊芋」サプリが大変人気を集めているのです。

 

粉末タイプなので、持ち運びにも便利ですし、何より菊芋特有の飲みづらさも解消しているので、どなたでも安心して利用できます。

 

また「前田の菊芋」は、天然由来の菊芋イヌリンを厳選しているため、副作用の心配も一切ないのがメリット。

 

すでに糖尿病の治療を受けている方でも薬と併用する事ができるので、一度医師に相談した上で、活用するといいでしょう。

 

そのほかにも、年齢的に糖尿病が気になる方、生活習慣病の予防を早めに取り入れたい方、健康診断でHbAlcの数値が高いと言われた、血糖値を抑えたい方にもおススメです。

 

糖尿病性神経障害は、糖尿病を早期に発見し、早期に治療することが最大の予防法です。

 

現在患者数、予備軍含め、900万人以上もいると言われている糖尿病は、生活習慣の乱れ、食生活の欧米化、運動不足にストレスなどが原因と言われています。

 

誰にでも発症の危険性がある身近な病気なので、前田の菊芋のような優れたサプリで、手軽にかつ効率よく、糖尿病対策を日ごろから行なうようにしてください。

 

前田の菊芋詳細

関連ページ

糖尿病性網膜症(目のかすみ・視力低下・失明)
糖尿病を発症すると目の病気になりやすくなります。それは合併症の「糖尿病性網膜症」です。症状や予防方法などを解説しています。
糖尿病性腎症(尿に蛋白・高血圧・腎不全)
糖尿病からくる腎不全も合併症の一つです。糖尿病性腎症は三大合併症とも呼ばれています。腎臓が機能しなくなると様々な健康被害を受けることにも繋がります。未然に予防する習慣をつけることが大切です。
動脈硬化(末梢動脈疾患・脳卒中・心筋梗塞)
糖尿病と深い関係にある動脈硬化は、糖尿病と同様、進行するまで自覚症状が確認しずらいのが特徴です。糖尿病患者の場合、動脈硬化を進行させやすい状況なので、十分な注意が必要です。