前田の菊芋は糖尿病予防・改善におすすめ!

菊芋イヌリン

イヌリンは、炭水化物の一種で果糖(フルクトース)がおよそ30個程度連なってできた多糖類です。

 

イヌリンを多く含む食材にはニンニクやごぼうなどがありますが、もっとも多くイヌリンを含有するものは「菊芋」と呼ばれる食品。キク科の植物で、芋を実として付ける植物です。

 

当サイトで紹介している「前田の菊芋」にはこのイヌリンが高配合されています。

 

イヌリンの糖尿病改善効果

イヌリンのもっとも大きな特徴として、血糖値を抑制する効果が挙げられます。食べ物やサプリメントなどを通して口から体内に入ると、イヌリンはゲル状に変化し、糖を包み込みます。

 

ここで細胞の中に糖が取り込まれるのを防ぎ、血糖値の上昇を抑制するのです。

糖の吸収抑える

炭水化物の一種であるイヌリンは、分解されてもブドウ糖にはなりません。

 

デンプンのように、人間のもつ消化酵素によって分解・消化されないので、消化器官をそのまま通過し、腸内で善玉菌のエサとなります。このはたらきは非常に重要で、食べてもすぐ身にならない効果=ダイエット効果にもつながるというわけです。

 

菊芋は、同じ芋でもジャガイモやさつまいもと比べてずっと糖の吸収が少ないので、食後の血糖値を下げる食材として注目されています。糖尿病を患っていても、イヌリンを摂ることで血糖値の上昇が抑制されたという報告がありますし、実験結果も多数報告されています。

 

残念ながら菊芋はジャガイモやさつまいもほどポピュラーな食材ではないので、食材が手に入りにくいという難点があります。そこで最近では、菊芋を使った粉末や健康食品、イヌリンを配合したサプリメントなどが登場し、日常的にイヌリンを補える製品が登場しています。

 

それが、今大注目の「前田の菊芋」です。

前田の菊芋

菊芋イヌリンは一度や二度ではなく、継続して摂取することが大切。人間の血糖値は日々変化していますから、こまめに血糖値の上昇を予防することが大切なんです。そのためにも、イヌリンを食品やサプリメントから上手に摂るようにしましょう。

 

また、糖尿病からくるアルツハイマー病にも菊芋は有効だと言われています。

 

前田の菊芋は認知症にも効果あり?

 

前田の菊芋の効果

菊芋を使った健康食品のなかでも、圧倒的に人気が高い「前田の菊芋」。

 

丁寧に有機栽培されたドイツ産の菊芋を使い、製品の約70%にイヌリンを含有している製品です。菊芋はそのままでは摂取しにくいですし、味にちょっとしたクセがあるため、口に合わない可能性もあります。

菊芋原産地

そこで、気軽に菊芋を口にできるよう、前田の菊芋サプリメントが開発されました。

 

前田の菊芋は血糖値への改善効果が期待できる製品です。HbAlcをはじめ、血液の状態をイヌリンの力で改善に導きます。食後血糖の上昇を抑える効果や老廃物を外に押し出す効果もあって、血液だけでなくトータルなデトックス効果もあると言われています。

 

糖尿病を直接治療する薬ではありませんが、糖尿病を予防するアイテムとしては大変おすすめ。研究結果や実験結果だけでなく、実際に使用している方の口コミを見ても、糖尿の改善に効果があることがよくわかります。

 

前田の菊芋の口コミはこちら

 

これといった副作用もないので、子どもやペットでも摂取でき、みんなで糖尿病を予防することが可能。ぜひ毎日の健康のサポートに、前田の菊芋を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

前田の菊芋詳細