前田の菊芋に副作用はほとんどありません!

血糖値を下げる効果があると言われる菊芋には、イヌリンという成分が多く含まれています。これは、今流行りの腸活に最適です。

 

腸活

 

イヌリンはごぼうなどの植物に含まれている成分で、別名天然のインスリンとも呼ばれるほど、血糖値を下げる効果が高いとされています。健康食品としては、サプリメントに菊芋イヌリンを凝縮した「前田の菊芋」などが有名です。

 

菊芋イヌリンを摂ると、糖分の吸収が抑えられます。それだけでも十分糖尿病の予防に効果的なのですが、体内でゲル化して余分な老廃物を外に排出する効果も持っています。そのため、糖尿病の予防だけでなくデトックス作用やダイエット効果なども期待できます。

 

血糖値下げる効果

イヌリンは糖質でありながら、砂糖などの糖分と同じブドウ糖には変化しません。そのため、血糖値をあげる原因はブドウ糖ですからブドウ糖に変化しないと言う事は血糖値も上げないという事になります。

 

そのおかげで血糖値を下げ、糖尿病はもちろんの事、肥満や中性脂肪にも効果的です。

 

菊芋の副作用は?

菊芋はイモ類ではなくキク科の植物で、これといった副作用はほとんどありません。というのも、自然に存在する植物なので、人工的に合成した食品よりアレルギーなどのリスクが低いのです。自然に存在する食材だからこそ体にも良いですし、長期的に口にすることもできるのです。

菊芋を飲む女性

ただし、菊芋(健康食品・加工品を含む)の過剰摂取は血糖値を極端に低下させてしまったり、胃腸に負担をかける可能性があるため注意が必要です。

 

菊芋の中に含まれるイヌリンは腸内でゲル状になるため、大量摂取をすると膨満感などを引き起こす可能性もあります。前田の菊芋はサプリメントなので、過剰摂取などはNG。食材以上にダイレクトに効いてしまう可能性もあるので、用法・用量はしっかり守りましょう。

 

前田の菊芋に限らず、どの食材にも言えることですが、どれほど体に良くても過剰摂取は栄養吸収のバランスが崩れる原因になります。人間の吸収できる栄養素の量は決まっていて、それ以上摂ると自然に外に排出しようとしますから、体に思わぬ変調をきたすおそれもあるのです。

 

前田の菊芋を摂る時は必ず適量を守るようにしましょう。

 

菊芋を飲んではいけない人は?

菊芋は自然に存在する植物なので、子どもから大人まで誰でも摂取することができます。基本的に飲んではいけないという人はいません。

菊芋は誰でも飲める

しかし一つだけ例外として、アレルギー体質の方は注意が必要です。特定の食品にアレルギー反応が出る人、あるいはイモ類がNGと言う人などはもちろんですし、イヌリンを含んだ食品はすべてNGという人もいるようですから、菊芋を食べる前には念のため医師に相談をしておくと安心です。

 

菊芋を使った健康食品には、先ほども述べた前田の菊芋がとても手軽でおすすめ。ドイツ産の、厳正な品質管理と有機栽培によって栽培された菊芋を生のまま搾汁&濃縮し、菊芋の栄養バランスを崩さず一粒に込めた良質のサプリメントです。

 

前田の菊芋は食材ではないので調理する必要はありません。

 

摂取のタイミングも自分の自由でOK。ただし効果が強く出るおそれがあるので、具合が悪い時や胃腸の調子が弱っている時には使用を控えた方が良いかもしれません。

 

それ以外の健康な状態であれば、食前や寝る前に飲むことで、余計な糖分が体に吸収されるのを抑えてくれます。

 

前田の菊芋詳細