イヌリンとは糖尿病やダイエットに効果のあるキク科の植物

イヌリンとは、自然界に存在する植物によって作られる天然の多糖類。菊芋やチコリー、ごぼうなどの根に多く蓄えられています。

 

イヌリンとは

 

特に、最近テレビ番組でも紹介された菊芋はイヌリンの含有率がもっとも多いと言われ、それまで食物繊維の宝庫と言われていた、ごぼうを追い抜く健康食材として注目が集まっています。

 

菊芋はイモ類ではなくキク科の植物であるため、糖質が少ないのに食物繊維が多いという非常にヘルシーな食材でもあります。デンプンの多い食べ物はたくさん摂ると糖分の摂りすぎになってしまいますが、菊芋自体は非常に低カロリー。

 

もちろんダイエット中の方でも、糖質を抑えてヘルシーな食事を心がけたい方にもオススメです。

 

イヌリンがダイエットに効く理由

イヌリンは菊芋に多く含まれると述べましたが、ダイエット中の方にとってはイヌリンの低カロリー、低インスリン効果もポイント。イヌリンに含まれる糖質は、人間の体内にある酵素では消化吸収できないという特別な性質を持っています。

 

イヌリンダイエット

 

通常、人の糖質はブドウ糖として生成されますが、そのプロセスを抑制することで肝臓にも負荷をかけず、負担の少ない消化吸収ができるとされているんです。以前話題になった「低インスリンダイエット」にも一役買ってくれるんです。

 

腸内では糖質をゲル化させて包み込み、体内に糖分が吸収されるのを抑制。食後の血糖値の急激な上昇も抑えてくれます。

 

この効果によって、糖分を体に溜めこまない体質へと導き、さらに膵臓にも負担をかけないので、インスリンの過剰な分泌を抑えます。糖尿病など、血糖値の上昇が原因で起こる生活習慣病も無理なく予防することができます。

 

イヌリンを体内に取り込んだら、胃などの消化器官はそのまま素通りし、残った食物繊維は大腸まで届きます。イヌリンの食物繊維は、腸内に入るとゲル状になり腸の中に残った汚いものをまとめて外へと排出してくれる水溶性食物繊維

 

さらに、腸内ではビフィズス菌を通常の5倍もの数を生成させる力があります。偏った食事で老廃物や悪玉菌などが多勢となり、腸内環境が乱れやすい現代人には欠かすことのできない食物繊維です。

 

ダイエットが失敗する原因は人によって異なりますが、便秘症で便がスムーズに出ない、消化吸収したものがすぐ身になってしまう(太ってしまう)血液や循環が悪い…など、短期間での解決が難しいケースも少なくありません。

 

菊芋イヌリンには天然の糖分と水溶性食物繊維が含まれ、つらい便秘の予防、腸内環境の改善、さらには循環機能を正常に保つ効果なども期待できます。体の循環を正常に保つ=脂肪が蓄積されるのを防いで、ダイエット効果が期待できるということです。

 

何より、腸内環境を正常化して老廃物を蓄積させない体質に変えていけるのは、イヌリンならではのメリット。

 

イヌリンの含有量が世界最高クラスのドイツ産の菊芋を惜しげも無く取り入れている「前田の菊芋」は、菊芋の効果に着目して作られた画期的なサプリメント。

 

>>前田の菊芋の糖尿病改善効果とは?

 

前田の菊芋

 

製法や栽培方法にこだわったおかげで、他の製品以上に良質な成分を一粒の中に凝縮しています。前田の菊芋は、余分なものをスマートに外に排出する効果があり、水溶性食物繊維を手早く摂取できるアイテムでもあるのです。

 

子どもも大人も、誰もが手軽に健康を目指せる、それが前田の菊芋の魅力。ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。

 

前田の菊芋詳細