イヌリンは大腸で活躍するビフィズス菌を増殖する効果がある?

日本人の便秘症人口は1000万人を超えていると言われ、小さいお子さんも例外ではなくなっています。

 

現代人の食生活や生活習慣は以前にもまして不規則になり、ストレスや環境要因なども重なって、誰もが便秘になりやすくなっているのです。

 

便秘を予防するためには腸内環境を整えることが重要だと言われます。ヨーグルトのCMなどで、便秘解消には乳酸菌を摂取しましょうと謳っていることもあって、ヨーグルトを毎日の食事にプラスしている方も多いのではないでしょうか。

 

ヨーグルト

 

確かに、便秘の解消にはヨーグルトが効果的なのですが、ヨーグルトには糖分が含まれているので、たくさん摂取すると糖分の取りすぎになるおそれも。健康目的で口にするものが、かえって健康に良くない影響を与えるのは本末転倒です。

 

また、あまり知られていないことですが、ヨーグルトの中に含まれる菌との相性も重要なポイント。人間の腸内に棲む腸内細菌はおよそ100兆個と言われ、300〜500種類に分けられます。しかしその内訳は人によって異なり、人それぞれ腸内の状態にも個性があります。

 

逆に言えば、どんなに健康を謳っているヨーグルトでも、食べてから必ず腸内環境にプラスにはたらくとは限らず、腸内環境の状態にもよるのです。

 

イヌリンが腸内で善玉菌を増やす

ヨーグルトを摂っても必ずしもプラスにはたらくとは限らない…。では何を食べれば確実に腸に効くのでしょうか?

 

おすすめの成分としては、オリゴ糖と同じく善玉菌のエサになる「イヌリン」という物質があります。イヌリンは腸内でビフィズス菌のエサになり、善玉菌のみを増やすはたらきをしてくれます。また、イヌリンには水溶性食物繊維が多量に含まれており、便の水分量を増やして外に出しやすい状態にしてくれます。

 

先ほども述べたとおり、ヨーグルトには菌との相性の問題があります。ふだんから硬い便や便秘に悩まされている方は、善玉菌を増やしつつ便通を楽にしてくれるイヌリンを摂取するのがおすすめです。

 

>>イヌリンは便秘解消にも効果的!

 

イヌリンを摂る方法

イヌリンが含まれている植物は、菊芋ニンニクごぼうチコリーヤムイモなど。ニンニクやごぼうは一般的な食材ですが、あまり調理しないという人も多いかもしれません。

 

食材の中でイヌリンをもっとも多く含んでいるものは菊芋で、こちらは食材としてはあまり馴染みがありません。しかしサプリメントとして製品化されているので、必要な時に手軽に摂取することが可能です。

 

菊芋イヌリン

 

前田の菊芋など、菊芋を使ったイヌリンのサプリメントは、粉末タイプの製品が苦手な方にもおすすめですし、食べ物が偏りがちな方にも心強い味方。前田の菊芋はそのなかでも、特に良質と言われるドイツ産の菊芋から抽出した天然のイヌリンを配合しています。

 

ふつう菊芋の加工食品には添加物が含まれているので、アレルギー体質の方にはあまり向いていません。むしろ添加物を多量に摂取することでかえって症状が悪化するリスクもあります。

 

しかし、前田の菊芋は天然素材を有機栽培で育て、サプリメントにした安全な製品。粗悪な原材料を使ったり、混ぜ物を多くしているイヌリンのサプリメントも多いのですが、前田の菊芋には他にはない安全性が確保されています。

 

薬との併用も可能ですし、ヨーグルトなど善玉菌にはたらく食品との併用も可能。前田の菊芋はまさに、善玉菌と腸内にとって理想的なパートナーです。一日分のイヌリンを手軽に摂取し、腸内環境を無理なく改善できるアイテムです。

 

前田の菊芋詳細