水溶性食物繊維を摂るならイヌリン!便秘解消に前田の菊芋が◎

テレビ番組でも紹介され、最近じわじわと注目を集めている「イヌリン」。

 

しつこい便秘の解消に効果的と言われている物質ですが、初めて名前を耳にした方もいるかもしれません。イヌリンと聞いて、どんな物質か想像できる方はほとんどいないかもしれません。

イヌリン便秘解消

本記事では、イヌリンの便秘解消効果と、その仕組みについて紹介したいと思います。

 

イヌリンとは?

 

イヌリンと便秘解消効果

前田の菊芋便秘

イヌリンはいわゆる多糖類の一種で、食材としては食物繊維を多く含んでいます。

 

食物繊維は便秘解消にもっとも有効にはたらく物質ですから、イヌリンを含む食材を摂取することで腸内細菌が細かく分解し、腸内環境を良くしてくれるはたらきがあります。

 

便が硬かったり、便秘になってしまう人の腸内環境というのは、悪玉菌と呼ばれる悪い腸内細菌が優位な状況にあります。

 

腸内には善玉菌という良い細菌と悪玉菌、そして両者のどちらに属すか決めかねている日和見菌の三種類が共存していますが、便が出にくい人の多くは悪玉菌だらけの腸内環境に陥っているとも言われています。

便が硬い

イヌリンは善玉菌によって分解され、彼らのエサになります。

 

エサになるということは、善玉菌の活動がより活発になり、悪玉菌を適度に減らして善玉菌優位の腸内環境を作り出してくれます。便が硬くて出ない人や、突然の便秘に悩んでいる人は、食物繊維中心の食生活に替えるだけでもかなりの効果が期待できます。

 

さらに同じ食物繊維でもイヌリンは水溶性食物繊維なので、腸内で水分を吸ってゲル状になり、便の移動をスムーズにしてくれます。便が作られても、腸内のところどころにくっついたり引っかかったりすると、簡単に便秘になってしまいます。

 

イヌリンは腸内のトラブルを防いでぜん動運動を促し、気持ちの良い排便を可能にしてくれる物質でもあるんです。

イヌリン効果

イヌリン=水溶性食物繊維ということで、とても体に良い物質であることがわかりました。身近にあって、イヌリンを多く含む食材には「菊芋」「ごぼう」などがあります。

 

どちらも野菜なので、食材として気軽に食事に取り入れることができますし、便秘症の方はイヌリンを多めに摂ることで腸内環境を無理なく改善していくことができます。

 

また、菊芋やごぼうを毎日食べるのは大変だという方には、前田の菊芋サプリメントが非常におすすめです。サプリなら毎日水と一緒に飲むだけですし、菊芋サプリなのでイヌリンの配合量がトップクラスです。これには、糖尿病を予防する効果もあります。

 

イヌリンで便秘を予防する方法

イヌリンの一日の必要摂取量は、5g〜15g程度と言われています。

 

野菜をたっぷり摂っている人は、5g程度の摂取でも問題はないでしょう。15gより多くイヌリンを摂取しても特に問題はありませんが、腸内環境が悪化し過ぎている人は急激に腸内環境を活発にすると膨満感が起きたり、大量に詰まった便との兼ね合いによって体調不良を起こす可能性があります。

 

それとは逆に、腸のぜん動運動が活発になりすぎて、便が緩くなる可能性もあります。

 

手軽にイヌリンを摂取するなら、前田の菊芋サプリメントがおすすめ。腸内に入ると発酵が始まり、水溶性食物繊維の力で余分な老廃物を流そうとします。仕事中や移動の前後にも、前田の菊芋サプリが大活躍。

前田の菊芋

前田の菊芋の糖尿病改善効果とは?

 

顆粒タイプもあるので、飲み物とあわせて摂取したり、味が苦手な方はスープなどに混ぜて使うこともできます。

 

何より、腸内環境を手軽に改善できる点が前田の菊芋ならではの魅力。食材からイヌリンを摂ろうとすると、水に溶ける作用があるため、うまく一日分のイヌリンを摂れないこともあります。

 

しかし前田の菊芋なら食材を調理する手間がかからず、手軽に必要量を摂りいれることができるんです。

ペットの便秘にも前田の菊芋

便秘に苦しむのは人間だけでなく、愛犬や愛猫にも当てはまります。大切なワンちゃんや猫ちゃんが、なかなか排便できないようで困ってしまった…、そんな時にも前田の菊芋がおすすめです。

 

ペットにも与えることができますので、毎日の食事に混ぜて与えてあげるだけでOK。大切な家族の健康もしっかりサポートしてあげられます。

 

前田の菊芋詳細