イヌリンを含む菊芋は天然のインスリン!

キク科の多年草である菊芋は、別名アメリカイモとも呼ばれ、北アメリカを原産地とする植物です。

アメリカイモ(菊芋)

外来種として世界中に分布しており、日本でも生産から販売までを行っています。かつてはアメリカンインディアンが食事に取り入れていたもので、菊芋の主成分は「イヌリン」という多糖体になります。

 

菊芋は成長の過程で、根から土中のミネラル成分をたっぷりと吸収していきます。たった1年で土を使えなくさせてしまうほどの吸収力を持っており、いかに栄養価が高いかが分かります。

 

イヌリンは、デンプンのような血糖値を上昇させる物質をほとんど含んでいません。そのため、米や小麦粉などとは違って体内で糖分に変換がされにくく、かわりに体内の老廃物を外に出してくれる作用(水溶性食物繊維)もあります。

 

イヌリンは私たちの身近にある野菜、たとえばごぼうやタマネギなどにも含まれていますが、もっとも豊富に含んでいるものは菊芋と言われます。菊芋は別名「天然のインスリン」とも呼ばれており、最近になってメディアで多く取り上げられるようになりました。

 

最近では「前田の菊芋」のように、サプリメントとして製品化もされています。前田の菊芋は子どもから高齢者、ペットまで摂取が可能なサプリメントで、血糖値を下げる効果や糖尿病の予防効果が期待されている製品。高品質の菊芋イヌリンをたっぷり配合しており信頼のできる製品です。前田の菊芋で体調が良くなったという口コミも数多く寄せられています。

 

天然のインスリン作用をもたらす

インスリン

ふつう、糖分は体内に入るとすぐに吸収され、血糖値の上昇を引き起こします。それを繰り返すことにより糖尿病や肥満症、血液に関する病気を引き起こします。つまり、血糖値の上昇を当たり前にしていると、高血圧や糖尿病など深刻な生活習慣病につながってしまうということですね。

 

イヌリンはデンプンがほとんど含まれていないので、摂取した糖分は体外に排出されます。また、イヌリンを摂ると、米やパンなど炭水化物に含まれる糖分も取り込んで大腸に運んでくれるので、トータルで糖の吸収を防いでくれるんです。このすばらしい効果によって、イヌリンは血糖値を下げる力がある=天然のインスリンとして呼ばれているのです。

 

人間の血液や血圧は日々状態が変化していますが、毎日の食生活や口にするものの内容によって状態の良し悪しが決まります。天然のインスリンであるイヌリンを摂取すると、一日・二日では変わらなくても、長期的に摂取を続けることで体内の糖の吸収を抑えてくれますから、血糖値改善効果が期待できるのです。

 

サプリメントで無理なく血糖値対策

糖尿病(予備軍も含む)になると、医師から食事療法や糖質制限、運動療法などを指導されます。しかしこれらの方法には時間と手間がかかるため、長続きしない方も少なくありません。

 

そこで、食事や運動とあわせてプラスしたいものがサプリメントです。「前田の菊芋」は、良質な環境で栽培された菊芋を使ったサプリメントで、薬と併用もできるので安心。何より、血圧を下げてくれる作用や血糖値の改善が期待できることがポイントです。

 

イヌリンは人間のインスリンそのものではありませんが、急激な血糖値の上昇を抑えてくれる心強い成分です。前田の菊芋など、サプリメント製品をうまく活用して、効率的な血糖値対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

前田の菊芋詳細